もし、御社がコロナウイルスやその他の感染症対策などで、毎日のように消毒や掃除をしているなら、それらにかかる人件費やアルコール、次亜塩素酸水などの 経費を最大80%カットすることが出来ます。

そして、最大2年間は何もしなくても抗菌作用が続く。

もし、そんな状況が作ることが出来たら?
そして、コスト削減と売上アップを同時にすることが出来るとしたら?

本当に出来るなら、それは手に入れたい…
ほとんどの経営者の方がそう思われるはずです。

ですので、本当にそんなことが可能なのか?
まずは、実際に弊社で施工されたお客様のお声をご覧ください。

昨今の感染症被害などで、除菌や抗菌を徹底している事業者さんは非常に多いです。

しかし、徹底している多くの事業者様が、除菌の効果は一体どれほどあるのか?本当にウイルスや菌は減っているのか?
実のところ、それらを具体的な数値として計測しているところはほとんどありません。

さらにいうと、それらの対策をお客様へ認知させることが出来ている事業者はほとんど0だと思います。

それでは、せっかくコストをかけて除菌対策を徹底しているのに、努力もお金も水の泡ということになってしまいます。

ですので、もし御社が、
除菌対策を徹底していても結果につながらないという状況を抜け出して、コストを削減しながら売上アップに繋げたい!
そう思われるなら、続きをご覧ください。

弊社の検査で使用している特殊な計測機を使えば、特定の場所にどれほどウイルスや菌が付着しているのかを計測することが出来ます。

この機械を用いて、御社の事業所のウイルスがどれほどの数値なのか?
これらを無料で計測させて頂きます。

日々の除菌活動はどれほどの効果があるのか?
そして、ドアノブや机など、よく触れる場所にどれほどの菌が存在しているのか?

それらを具体的な数値で計測してみませんか?

光触媒コーティングとは、集団による接触感染をなくす効果が認められ、病院や空港などの公的な機関で多く使用されています。

そして、どのような効果があるのかというと、一度コーティングの施工を実施するだけで、セルフで除菌されるというものです。

イメージでいうと、下記の図を参考にください。

つまり、光が当たれば勝手に菌を分解して除菌するという効果があるのです。

そして、その光というのも、室内のLEDや蛍光灯でも効果があるので、室内外などを問わずに効果が発揮されます。

光触媒コーティングは多種多様な業界で実績をだしている抗菌対策です。

これら4つの認知度アップ対策を行いますので、除菌対策が集客へと繋がって売上がアップするのです。

資金の応援

今回の光触媒コーティングにかかる施工費用は、コロナ対策を取られている事業者様向けの補助金や助成金の経費対象になります。

御社の状況によって異なりますが、費用の大半を公的な資金援助でまかなうことも可能ですので、まずは専門家にお問い合わせください。

公的資金は募集受付の期間などが決まっているため、お早めのお問い合わせをお勧めします。

コスト削減の応援

弊社で、光触媒コーティングの施工を受けられた事業者様には、施工してから6ヶ月後、さらに1年後に無料で抗菌対策の効果が継続しているかどうかの検査を行なっています。

万が一、6ヶ月後の検査、1年後の2回目の検査でウイルスの数値が戻っていた場合は、無料で施工を再度行いますので、ご安心ください。