豊島区から1都3県へ!ポスティングならエリアマーケット

【必見】反響率の高いポスティング業者の決め手とは!?

▲.はじめに

手軽で販売販促力の高い広告。それがポスティングです。

この記事では、ポスティング業者へ依頼する際に注意すべきことを、大きく3つに分けてお伝えしています。 また、ポスティング業者へ1度依頼した際に、反響率が出なかった方も読んでいただければ損はない記事となっていますので、最後まで読んでみてください。
井上 宙人

井上 宙人

この記事は、累計配布枚数3億枚以上のチラシ配布実績を持つ、ポスティング専門会社である、エリアマーケット株式会社 マーケティング事業部の井上宙人が責任を持ってお届けします。

1.反響率の見込めるポスティング業者

ポスティング業者は現在何百とあります。多くのサイトでは「GPS機能を持つ業者」「単価の安い業者」「チラシ制作時のコンサルティング」これらがWEB上では、高く評価されています。

しかし、これだけは、優良業者とは言えません。 なぜなら、GPS機能は隠蔽工作が可能であり、単価が極端に安い業者は、依頼配布枚数をすべて配布しない可能性が大いに考えられ、コンサルティングは本当にチラシ専門のコンサルティングがいるか定かではないからです。

ここでは最低限ポスティング業者を選ぶ上で必須になる業者を選ぶポイントを3つ紹介させていただきます。

1-1.納品・完了時報告を徹底している

配布作業は見えない作業になってきます。なので、確認が非常に重要になります。
報告を送ってはくれるものの、納品、配布予定日を過ぎても報告が来ない業者も 報告を行わないのと同様になりますので報告をいつまでにもらえるのか確認しましょう。

1-2.電話対応力に長けている

なぜ電話対応力が必要?と思われた方も多いかと思います。 ここでは依頼する企業の丁寧さが分かります。チラシを撒く中で戦略を練っているかと思います。対応力の高い業者は依頼を聞いて最善策を提案します。
また、制作から依頼する場合スタッフの色がチラシのデザインにも直結すると言われています。そのため電話での対応力は業者を選ぶ際に要チェックです。

1-3.配布実績

実績はどの業界業種においても大切になります。

ポスティングは見えない作業です。チラシを着実に配布を行わず捨ててしまう業者も中にはあります。しかし、配布予定枚数を全て配布出来る業者は必然と実績も上がります。 なぜなら、全て撒くことで反響率に大きな違いが生じるからになります。 (配布予定エリアでの禁止物件が合った場合は除く) ここでは安心して依頼出来る優良企業の特徴をお伝えします。 結論からお伝えすると「配布累計枚数・取引先企業」です。

・配布累計枚数が高いほど地域理解を深めることが多くなるため、地域について詳しいで す。地域理解を深めることで自社に寄り添ってセグメントを行えますので、地域に詳しい業者をおすすめします。

・取引先企業が大手企業であれば高いハードルを超えるための戦略を沢山用意してきています。 例)配布枚数の提案、配布エリア、チラシのデザイン、チラシ内容 これらの理由をもとに大手企業と取引のある業者を推奨します。

2.ポスティングを代行するメリットとは?

ポスティングは取り組みやすい、広告手法になります。 自社でもポスティングを行うことはできますが、配布を依頼することで費用対効果の違いが生まれます。

2-1.自社で取り組む場合と依頼する違い

チラシ配布未経験の方は徒歩で都内配布を1時間で約400枚を撒けると言われています。 例)都内でA4チラシを軒並み配布で5000部を2日間で撒いた場合

「自社」 9(労働時間)×1,013円(東京都最低賃金)=9,117円(日当) 9,117円×2日間(弊社初心配布者データ元)=18,234円

「業者」 4.5円(自社単価)×5000部(部数)=22,500円

自社で取り組む場合は業者に依頼するより支出は抑えられます。 なので、ポスティングを1度も試したことがない方は1度自社で取り組むのもいいと思います!

しかし、ポスティング業者に依頼する場合の大きな違いは、クレーム対応があるのかないのかで、料金の差が違うと言っても過言ではありません。ただチラシを撒くためだけにポスティングを取り組む方はいないかと思います。 ポスティングをした後の反響率の方が大切です。

2-2.配れないマンションへの配布が可能?

ポスティング業者によっては「タワーマンション・富裕層低層階マンション・事業所」 への配布を可能とする業者も存在します。これらのマンションは事前に承諾を得ている為 配布を可能としています。自社で撒けない建物への配布を検討されいる方にはポスティング業者へ一度相談してみてはいかがでしょうか?

3.ポスティング業者のクレーム対応について

ポスティング業者によってはクレームに関する責任を全て負ってくれる場合もあります。チラシを撒き、反響率が上がってもクレームが発生してしまい、自社で責任を負ってしまっていたら、意味がありません。なので、ポスティングを依頼する場合クレーム対応を全て責任を持ってくださる業者はベストです。

4.依頼前に見積もりは必須アイテム!?

ポスティングを依頼する際の注意点として、ランディングページなどを見ていると 都合の良いことが沢山書かれている場合があります。その実態について紹介していきたいと思います。

4-1.金額が圧倒的に安い業者

単価が圧倒的に安い企業様もなかにはあります。しかし、安易に「単価が安いからこの業者にしよう!」とすると散々な結果になりますので気をつけてください。

5.まとめ

今回は、ポスティング業者に依頼する際に、優良業者を選ぶポイントである、「納品・完了時報告を徹底している」「電話対応力に長けている」「配布実績」の3つに分けて紹介させていただき、ポスティング業者のメリットから自社で取組むメリットを書かさせていただきました。

本記事を読んでみて、ポスティング業者に依頼するべきか比較検討材料になったでしょうか?

「自社で取り組んでみよう!」と思われた方もいるかと思います。反対にポスティング業者に今すぐ依頼を考えられた方もいるかと思います。一度自社で行うべきか、ポスティング業者へ依頼するべきか比較検討材料になっていただけていれば、幸いです。

お問い合わせはこちらから

Follow me!

PAGE TOP

配布計画、地域調査に

希望エリアの部数、住民属性がわかる資料

DOWN  LOAD

 営業資料に!稟議書類に!そのまま使える

営業資料に!稟議書類に!
そのまま使える 

無料で配布資料24h自動ダウンロード

住所地点を指定した配布計画書を自動でお送りします。エリアの世帯数、配布想定数だけでなく、世帯主年齢や男女比、持ち家比率など、地域の住民属性も一目瞭然でわかる資料です。エリアマーケティングにもお役立ていただけます!!