豊島区から1都3県へ!ポスティングならエリアマーケット

おすすめ3選!効果の出るオフライン店舗集客の方法

みなさんはどういった方で集客をしていますか?
WEBやSNSなどのオンライン集客、チラシなどのオフラインの集客、様々な集客方法があります。多すぎてどれから始めればいいか悩んでしまいますよね。

昨今はオンラインを活用した店舗集客が主流となっています。しかしWebやSNSを活用したオンライン集客は、かなりの知識がないと上手くいかずに終わってしまうことが多いです。また、外注しようとしても多大なコストがかかってしまします。

その点オフライン集客は専門的な知識があまり必要なく、気軽に始めることができます。アナログだと思われるかもしれませんが、お客さんと親密な関係を築くことができ、リピートにつながります。

また、オンライン集客に比べてすぐに効果が出やすいので売り上げにもつながります。 この記事では、費用対効果の高いオフラインでの店舗集客方法をご紹介するので、是非参考にしてください。
多田 夏士

多田 夏士

この記事は、累計配布枚数3億枚以上のチラシ配布実績を持ち、ポスティング専門会社である、エリアマーケット株式会社、マーケティング事業部の多田 夏士が責任を持ってお届けしています。

目次

1.おすすめオフライン店舗集客

今回はおすすめのオフライン集客の方法として3つご紹介します。
これらの方法はどれも費用対効果の高い手法となっています。自身の店舗のサービスにあった広告手法を取り入れましょう。

1-1ポスティング

ポスティングとはチラシなどの配布物をポストに直接投函する広告手法です。 自分の家のポストに近所のご飯屋さんや不動産のチラシが入っていたことはありませんか?それがポスティングです。

専門的な知識が必要としないため、誰でも気軽に始めることができます。 特に、地域でお店などをを出している場合は、一番確実に情報を行き渡るので、短期的に結果を出すのに、チラシのポスティングは欠かせません。

ポスティングのいいところはターゲットを定めることができる点です。ファミリー世帯が多い地域、1人暮らしが多い地域、など場所によって特徴が異なります。自分の店舗のお客さんになってくれそうな人がたくさん住んでいる地域にポスティングを行うことでより反響率が高まります。

ポスティングの専門業者はこのような地域のデータを豊富に持っているので、相談してみるのもいいでしょう。

エリア表

地域の詳しいデータを見たい方はこちらを参考にして下さい。
ポスティングはチラシを直接投函するのでクレームが起きることも多々あります。ご自身でポスティングを行う場合にはクレームが起きないように注意を払いましょう。 ポスティングのよくあるクレームを知りたい方はこちらをご覧ください。

ありがちなクレームとその対処法が書いてあるので参考にしてください。 ポスティングの反響率を高めるためにはチラシのデザインと配布計画が大切です。受けての気持ちに立つことを忘れないようにしましょう。

1-2折込チラシ

折込チラシとは、新聞に折り込まれる形態の広告のことを指し、配布地域や配布日などを自由に決めることができます。新聞折込とポスティングは似ており、どちらもポストに直接投函する手法です。しかし、折込チラシは新聞をとっている世帯にしか投函できないのが特徴です。

インターネットやスマホの普及により、新聞の需要は年々下がっていますが到達率や費用対効果の高さから今もなお使われている広告手法です。特にネットを利用しない高齢者層に強く刺さる傾向があります。

折込チラシは新聞社の仲介業者に依頼してチラシの折り込みを行います。その過程で新聞社によるチラシのチェックが入るので、信頼性の高いチラシという事になります。 そのため顧客は安心感を持ってチラシを読むことができ、反響につながります。

1-3路面看板

路面看板は駅やビルに見られる看板のことです。みなさんも何気なくその看板を見たことがあると思います。 駅にある看板を毎日見ていたら、頭に刷り込まれて覚えてしまうものです。それが認知されるという事であり、サイトへの誘導や来店につながります。

駅だけでなくビルの外観・屋上・道路・断幕(だんまく)など様々な種類があり、お店やサービス内容によって最適な設置場所は異なります。 路面看板は場所にもよりますが、1件数十万円はかかります。さらにデザイン費や施工費のコストもかかってしまうため、気軽には始められないでしょう。

しかし、チラシなどの紙媒体は長くはもたずに捨てられてしまうでしょう。その点、路面看板は一度設置したら壊れない限りはずっとその場に残り続け、長期的に顧客を呼び続けることができるのです。

2.店舗集客を成功させるには

店舗集客の具体的な方法を3つご紹介しました。 次はより大きく視野を広げて、店舗集客を成功させるポイントを説明していきます。

2-1サービスの質を向上させる

店舗経営を成功させるにはリピーターを獲得しなければなりません。新規の顧客100人を来てもらうより、リピーターを10人獲得する方が大切です。

そのためにはお店のサービスが低ければ話になりません。 お店の外観・内装・スタッフの接客などが良いものになっているか、お客さんにとって来てよかったと思えるお店作りができているか、確認しましょう。

2-2販売促進の投資を惜しまない

サービスの次は販売促進、いわゆる広告のお話です。 価値のあるものを提供できるのに、それが顧客に伝わっていなかったら来店されないので意味がありません。

広告手法は様々ありますし、コストもかかるため悩んでしまいますよね。しかし、どんな企業でも広告費は惜しまずかけています。化粧品に関しては、価格の半分以上が広告費です。

魅力的にサービスを伝え、まず来てもらう。そこからサービスの質でリピーターになってもらう。このサイクルが必ず必要です。なので、販売促進の広告費は投資だと思って惜しまないでください。

定期的にコストと反響率の分析も必要です。コストが大きくかかっているのにそんな効果のないものは切り捨てていきましょう。その分、反響が高く費用対効果の高い広告を行うことが大切です。

3.オフライン集客は効果絶大!

いかがだったでしょうか?
今回はオフラインでの店舗集客の方法とポイントについて解説していきました。 3つの広告手法をご紹介しましたが、その他にもまだまだ効果の高い手法はあります。 また、WebやSNSを活用したオンラインでの店舗集客もあります。オンライン店舗集客についてはまた別の機会にご紹介したいと思います。

弊社エリアマーケットはポスティングの専門業者です。ポスティングについてなら、お気軽にご相談ください。ご依頼主様にあったポスティングのターゲット選定、エリア選定、チラシデザインなどをご提案させていただきます。また、弊社に一任していただくことも可能です。気になることがありましたら、下記よりお問い合わせください。 この記事が皆様のお役に立てたのなら幸いです。

お問い合わせはこちらから

Follow me!

PAGE TOP

配布計画、地域調査に

希望エリアの部数、住民属性がわかる資料

DOWN  LOAD

 営業資料に!稟議書類に!そのまま使える

営業資料に!稟議書類に!
そのまま使える 

無料で配布資料24h自動ダウンロード

住所地点を指定した配布計画書を自動でお送りします。エリアの世帯数、配布想定数だけでなく、世帯主年齢や男女比、持ち家比率など、地域の住民属性も一目瞭然でわかる資料です。エリアマーケティングにもお役立ていただけます!!